薬より養生|尿もれパッドのCMを苦々しく思う日々

昔からある食に関することわざには、ほんとうに納得させられる
ものが多数あります。「薬より養生」「一に養生・二に薬 」もそうですが、
これらのことわざは、体調の悪いときは養生といって
栄養を摂り休むのが一番良い。体調が悪いからといって、
直ぐに薬に頼ってはいけないことのたとえです。

昔だって、薬に頼りすぎてはいけい、健康食を取って休みなさいと
言っているのに、今はさらに医療に頼りすぎる時代になって、
うっかり病院にかかると(病院関係の方ごめんなさい)
大量の薬漬けの日々が始まります。

そして、薬ではありませんが、尿もれパッドのCMを苦々しく
見ています。あんなに若い方(ひとりはそれなり)が尿もれパッドを
使い始めてどうなるんでしょう。

テレビだからといってタレントさんが若く見えるのかも
しれませんが…

還暦を過ぎた私でさえ今のところ尿漏れをしないですんでいます。
50歳の頃ですが始めて尿もれを経験し、これはいけないと思って、
それからは話に聞いていたトイレでの訓練をしています。

トイレでの訓練とは膣を2、3回締める訓練です。お陰様で尿もれ
はしなくなりました。そしてその習慣を未だに続けているので尿もれ
なしで過ごしています。

なので、テレビCMに出てくる女性にも、若いうちから尿もれ
パッドに頼らないで欲しいのです。

それと尿もれの原因は、年齢のせいもありますが体を冷やすのも
原因になっています。暑いからと言って飲み過ぎる冷やしたジュース、
体を冷やす果物の食べ過ぎが原因にもなっています。

バナナも、南国の暑い土地の人たちが食べるのにはいいのですが、
日本の寒い冬に食べるのはよくないのです。

健康に良く良く心がけて食べ物を摂ることをお勧めします。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ