精進料理の意味は「粗末なもの」僧侶の食事が由来

現代では、健康食としてあらためて注目されている
精進料理ですが、その意味は元々僧侶の粗末な食事でした。

奈良・平安時代に天台宗や真言宗が起こったあたりから
民衆を教化し、寺院の行事や祭り事の際には
精進料理が出されるようになり、

やがて寺院だけでなく普通の家庭での食卓でも
出されるようになっています。

天武天皇の時代に、僧侶の肉食が禁止されるなど、
僧侶の食事内容が限定されるようになりました。

調理法も発達していなかったため、
茹でた野菜に酢や塩をかけて食べていました。
「そうじもの(精進もの)、いとあしき」と枕草子にあるように、
ほんとうにまずく粗末な食事だったのです。

ちなみに「懐石料理」ですが、懐石料理の名前は
その昔僧が飢えをしのぐため、石を暖めて懐に抱いたことから
名前が付いています。

そんな精進料理を大きく変えたのが、曹洞宗の道元禅師です。

真実の仏法は日常の中にこそあるとし、洗面や排便などの
日常の行為から始まって、寺での掃除や草むしりなど
全てが仏道修行と説きました。

そして食事については特に重視して、雲水自らが修行として
調理を行い、無駄を出さない調理法と工夫が培われ
今では精進料理が健康食として尊重されています。

精進料理の影響を受けた「懐石料理」は
高級料亭で食べる食事となっています。

健康食に関心が集まっている今、クックパッドでもたくさんの
精進料理レシピが紹介されています。

精進料理本来の粗末な食事とは違いますが、
美味しくて健康に良いレシピなので
私も時々参考にさせてもらって作っています。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ