目に良い食品と栄養素を効果的に摂取するには

食べ物は眼にも大きく関係してきます。
ビタミンAが欠乏すると夜盲症になる危険性がありますし、
ビタミンDの欠乏は眼が見えなくなる恐れがあります。

目に良いものを積極的に摂ることで、目の老化を防いだり
白内障や緑内障に罹る割合を下げてくれます。

眼に良い効果のある食べ物には、チーズ、ウナギ、ブルーベリー、
黒豆、ブドウ、ニンジン、ナス、ブロッコリー、ホウレンソウ、
オクラ、カボチャなどがあり、

これらの食物に含まれているビタミンAが眼を守ってくれます。

眼に良いサプリメントとしてブルーベリーのサプリメントが有名ですが、
ブルーベリーに含まれているアントシニアンが網膜にあるロドプシンの
再合成の働きを助けるためとされています。

アントシニアンを含む食品にはこの他に、黒豆、ブドウ、ナスなどに
多く含まれています。赤ワインやブドウ酒を少しづつ
毎日飲むのがお勧めです。

また、コンドロイチンは網様体の働きを活発にして目の老化の改善も
期待されます。コンドロイチンを多く含む食品には、オクラやなめこなど
のいわゆる糸をひくネバネバした食品に多く含まれています。

カロチンには視力低下を防ぐ働きがあり、カロチンを多く含む食品には
ダイコン、小松菜、チーズなどがありますから積極的に摂りたいものです。

ちなみに、ミツバのカロチンは視神経を活性化するとともに、
瞳を綺麗にして視力も向上させてくれますから、
美しい目を期待する方にお勧めです。
また、このような眼に良い効果のある食品を摂ると共に、
パソコンで仕事をすることが多い現代では、長時間のパソコンの
使いすぎを避け、

時々目を休めたり、パソコンから50cmは離すなどをして
眼を守ることが必要です。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ