子供の病気や下痢に効果のある食品と食べさせ方

akachan

子供が小さいうちは、吐いたり下痢をしたり口内炎に
なったりすることがよくありますが、
多くは食事と大きく関係があります。

なので、食事に気を付けると共に、もしもそうなったとき
にはすぐに薬に頼らずに健康食で改善を図ることをお勧めします。

子供は下痢をしがちですが、消化不良などで下痢をしたときは、
おろしりんごがお勧めです。

りんごに含まれるペクチンという物質が大腸菌などの繁殖を
抑えてくれるので下痢を抑えてくれます。

おろしりんごは、離乳食としても病人食としても最適です。
また、熱を伴なっている下痢には、きゅうりにハチミツをかけて
食べさせてあげるといいですよ。

ただ、きゅうりは体を冷やしますから、たくさん食べさせると
お腹を冷やしすぎ、逆効果になるので注意してください。

下痢や嘔吐をすると水分が奪われて脱水症状を起こしがちですから、
水分補給は忘れないでください。食慾がでてきたら、消化が良く
栄養価も高い梅を使って梅粥をつくって与えてください。

子供は風邪を引いたときなども胃腸を悪くしたりしますから、
風邪を引いたときにも梅粥がお勧めです。

ちなみに、梅干しはお子さんが乗り物酔いをしないように
しゃぶらせるのもいいですよ。

それから病気ではなく幼児の事故ですが、3,4歳前の小さいお子さんに
ピーナツ類を食べさせるのは危険です。

上手に食べ物を飲みこみ力がまだできていないので、
気道に入りやすく、窒息事故になりかねません。

気道の奥に入ってしまって気管支炎をおこして肺炎になった
例もありますから充分注意をしてください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ