医食同源の本来の考え方

健康食として発達した食事法として「医食同源」
という言葉が使われていますが、今現在多くの人が口にしている
医食同源と、本来からある医食同源とは
大きな隔たりがあると言われています。

「薬食同源」という言葉が、古来からの中国の思想としている
人もいますが、現代になってから造られた造語という人もいます。

この言葉は中国や韓国でも使われていますが、日本からの逆輸入
とも言われるなど、様々な説が入り乱れています。

しかし、医食同源の定義はともかくとして、医食同源の考え方は、
「健康に良い食べ物を食べていれば病気にならない。
病気になったら食事を直せばよく、それでもだめなら、薬を使えばよい」
という考え方で、

それが今の健康食品の普及にも繋がっていると言われています。

江戸時代の名医として知られている、吉益東洞は、
「食とは命を養うものであり、薬とは病気を治すものである」
という言葉を残していますし、

「病いを生じさせるのは食にあるが、病いは食では治せない」
という意味のことも言っています。

このように食べるものが健康に与える影響は大きく、
人間が生きて行く上で「健康食」は欠かせないのです。

正しく健康食を食べていれば健康でいられるのですから、
食べて治すことをもっと考えるべきだと思います。

「飽食の時代」「グルメブーム」などといわれて、テレビでも料理番組
なら視聴率が稼げるので、たくさんの料理番組がある現代の日本です。

そのため、豊かな食生活を楽しむことができますが、
栄養の摂りすぎ、バランスの偏りが問題になっています。

私たちの食生活は、贅沢な食生活でも栄養のバランスのとれた食事
になっていないというのが現状のようです。

「健康食」といっても難しく考えることはないのです。
身のまわりにある自然な食材を使ってバランスの良い
食事を摂ることなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ